ガストがプラスチックストローを廃止し、トウ

Writer: admin Type: このテヒョンのiPhone Date: 2018-12-15 00:00
ガストがプラスチックストローを廃止し、トウモロコシを原料としたストローに代えるみたいですが、トウモロコシを使ってしまったら、その分のトウモロコシが余計に使われ廃棄物が多くなってしまうので、結局環境を汚してしまうと思うのですがどうでしょうか?共感した0###そりゃあ、そのストローで儲かる人達がいて、そういうキャンペーンを展開しているからですよ。そこに乗りましたという企業イメージを企業は欲しいのです。24時間営業廃止はロイヤルに遅れをとったせいで全然宣伝してもらえなかったので、今回は真っ先に飛び付いたのでしょう。環境がどうであれ、サイクルの早い物の方がイメージは良いですよね。海の魚や鳥の胃に分解されないストローが!とかショッキングな感じに宣伝すれば大衆は煽動できますし、脱石油は脱中東で、国にも都合が良いのでは?ナイス0
###このストローに関する企業の対応ですが、ガストに限らず、様々な企業の対応の意味が、特に日本国内では誤解されていますね。たいへん失礼ながら、質問者さんが書かれている> プラスチックストローを廃止し、トウモロコシを原料としたストローに代えるというのも本末転倒した理解で、本質を捉えていません。「却って環境負荷が増えるのでは?」という質問者さんの懸念も、(妥当性がないわけではありませんが)基本的には誤解に基づいたものだと言えます。なぜならば、ガストにせよ他の企業にせよ、本来の意図は「ストローの素材を代えること」ではないからです。彼らの狙いは「(使い捨てになる)ストローの提供をやめる」こと。実際にガストのニュースリリースにも、まず「使い捨てプラスチック製ストローを廃止します。」と書いてあり、その後に、「特にご要望があった場合には、トウモロコシを原料とした生分解性のバイオマスのストローをご提供します。」と付け加えて書いてあります。https://www.skylark.co.jp/company/news/press_release/pk637h000001ar...ガストはここでわざわざ、「特にご要望があった場合には」と、注釈を入れているのに、日本の多くの報道機関はその意味を読み取れず、「ストローの提供を止める」ことよりも、「(通常の)プラストローの代わりにトウモロコシ原料のストローを提供する」という部分を中心に報道してしまいました。まあ、「トウモロコシが原料」という部分をキャッチーに感じたのでしょうけれども、「とにかくオーディエンスが面白がることが第一で、内容の正確性は二の次」という、イエロージャーナリズムに毒された結果ではないかと思います。今回のマスコミ報道には他にも、例えば「生分解性素材」と「バイオマス素材」の混同など、取材者に基礎的な知識が欠けている部分が多々見受けられます。しかしきちんとリリースを読めば、ガストの本当の“狙い”が、使い捨てにされるストローの数自体を大幅に減らすことにあることは分かります。(なのでマスコミ報道を鵜呑みにすることなく、出来るだけ自分で一次情報に当たることは非常に重要です。)これはガストに限らず、「ストロー廃止」を表明している多くの企業の共通目標であり、そして実際ガストでは、既に先行実験店舗でストローの使用本数が減少したことも報告しています。https://table.skylark.co.jp/journal/033/「生分解性ストローを提供する」というのは、「ストローの提供をしない」ということが出来ない場合の「次善の策」にすぎないのですから、記事の中にも「常連のお客様がマイストローを持参してくれるようになった」という話が出ていますが、むしろこちらの方が望ましい姿だということになりますね。質問者さんは通常プラのストローを作る場合と今回の生分解ストローを作る場合のエネルギー消費の差を気にされているようですが、そもそもの使用量/消費量自体を減らすのですから、(単にごみが問題を起こしにくいというだけでなく)必要な数のストローの製造・運搬・保管・廃棄にまでおよぶ、全てのエネルギーも減少することになります。生分解ストローの製造自体には、バイオマス原料の糖化過程にも一定のエネルギーが必要になりますので、おそらくは通常のプラストローの製造よりも多くのエネルギー投入が必要になるはずですが、消費量自体が例えば1/4とか1/5とかに減少すれば(そして私見ですが、おそらくそれくらいは減少するはずです。そうでなければビジネスモデルが破綻しますから。)、製造時の単位当たりエネルギー消費の増大も相殺されて問題になりません。LCA(ライフサイクルアセスメント)を行えば、ライフサイクル全体でのエネルギー消費が削減されることは、まず間違いないでしょう。その上、この「トウモロコシ原料の生分解性のバイオマスストロー」には、さらに良い点があります。人間や家畜などが食べる「トウモロコシの実」の部分を原料とするのではなく、今までは単に廃棄され、焼却処分などがされていた「トウモロコシの非可食部分(芯や茎など)」を原料にすることが出来るからです。今まで使われていた「非可食部分を廃棄処理するためのエネルギー」も不要になれば、今回のガストの決定は、2重、3重の意味で環境負荷の低減につながるのではないでしょうか。(また「その分のトウモロコシが余計に使われ」ということもありません。)以上をまとめると、今回のガストの決定(=ストローの提供をやめる。求められる場合には必要最低限の数を、生分解性のバイオマスストローで代替する)には、1.(使用量自体が減ることで)ストローの製造から輸送・保管・使用・廃棄の全段階で、エネルギー使用量が減少する2.(同じく)ストローの製造から輸送・保管・使用・廃棄の各段階ごとに発生する可能性のある環境汚染(原材料の漏出や廃棄物の環境漏出など)の発生リスクが減少する3.(非可食バイオマスを使用することで)バイオマスの非可食部分の廃棄処理に必要なエネルギーが不要になる4. (同じく)バイオマスの非可食部分の廃棄処理課程で発生する可能性のある環境汚染(処理途中での環境漏出など)の発生リスクがなくなる5.使用後のストローが万が一環境中に漏出しても、通常のプラストローの漏出に比べれば、発生する環境負荷は低減される6.通常ストローを製造するのに使われるはずだった石油資源が節約され、他用途に使えるなどの、複数のメリットがあることになります。ただもちろん、ガストとしてもそれらのメリットの全てを定量的に把握しているわけではないでしょう。しかしリリースを見ると他の代替素材との比較を行ったことも書いてありますから、おそらくは定性的な評価程度のことはしたと思われます。もちろん、検討に当たっては代替素材のサプライヤーがそれぞれにそれぞれの利点をプレゼンするはずですから、採用者であるガストには自然と多くの知識が集まり、多様な視点からの検討が出来たはずです。そう考えると、私には質問者さんがなぜ、> むしろ利権のためと言わざるを得ないとお考えになるのか、その方が分かりません。ここで質問者さんはわざわざ「利権」という言葉をお使いになっているくらいですから、そこには通常のビジネスの成果として得られる以上の倫理的に不当な利益を、第三者の参入を不当に拒めるような独占的な権利として得ることを想定していらっしゃるのでしょう。しかし質問者さんがそのようにお考えになる根拠は何でしょうか?そしてその「利権」とは、具体的にはどのような「利権」なのでしょうか?> むしろ利権のためと言わざるを得ないとまでお書きになるのですから、そには何かしらの根拠があり、どのような「利権」が得られるのか、具体的なお考えがあるはずと思いますが、それが私には想像できません。出来ればご教示いただきたいものです。(まさか何の根拠もなしに書いているわけはありませんよね?)また他に> そのストローで儲かる人達がいて、そういうキャンペーンを展開しているからと書かれている方もいらっしゃいますが、これも本当に不思議な反応です。企業なのですからお金が儲かるようにするのは当たり前で、日本ではいつから、「環境に良いことをするのであれば、それでお金を儲けてはいけない。損をしなければならない。」ということになったのでしょうか?企業が環境に良い活動を競い合って、それで自社のブランドイメージを上げていくことは悪いことですか?雲や霞を食べて生きていける仙人や、稼いだお金は全て他社に分け与えるという神様のような人間(あるいは企業?)でなければ、環境に良い活動をしてはいけないのですか?しかし既に海外の企業は全く別の方向性を追求していて、今や環境や貧困、人権など、様々な社会課題を解決することには、大きなビジネスチャンスがあると理解されています。2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に注目が集まっているのも、そこにビジネスを成長させるチャンスがあるからであり、より良い社会を作り、世界全体を持続可能にしていくためには、ビジネスの、そして企業の力が欠かせないというのが、一般的な考え方です。そしてこうしたグローバルな基準に照らした時には、使い捨てストローの使用量を削減することで、1.環境に負荷を与えるリスクを減らし2.コストを削減して利益増大につなげ、3.自社のブランドを強化するという、「一石三鳥」を狙う今回のガストの決定は、大いに称賛されるべきものでこそあれ、批判されるべき要素は見当たりません。もちろん、実際には環境には良くないことなのに、いかにも「環境に良いこと」のように顧客や社会を欺くことは許されません。「グリーンウォッシング(greenwashing)」と呼ばれ、極めて強い批判を浴びることになります。しかし我々市民が企業の行動を「グリーンウォッシュだ!」と批判するのであれば、その批判の根拠を提示する必要があるでしょう。そうでなければ、それは単なる誹謗中傷に過ぎないからです。いまや企業にはSBT(Science Based Targets=科学的根拠に基づいた目標)の設定までが求められている時代です。その企業に対峙する我々、消費者・一般市民も、企業の行動を支持するにせよ批判にせよ、きちんとそれぞれの根拠を示して評価することが必要だと思います。単なる感情任せの無責任な発言が許される時代ではないのです。お互いの評価の根拠を明らかにして、前向きな議論をしましょう。どうぞよろしくお願いします。ナイス0
###堆肥にリサイクルすれば廃棄物は出しませんよ。ストローも生分解されるので可能。リサイクルすれば廃棄物はゼロになります。やるのかわからないけど。ナイス0

 

TAG