過去の銀河は密集しているはずなのに最遠の銀

Writer: admin Type: このテヒョンのiPhone Date: 2018-12-15 00:00
過去の銀河は密集しているはずなのに最遠の銀河の近くに最遠の銀河が何故次々と見つからないの共感した0###密集してるっていっても宇宙規模ですからねナイス1
###明快ですね###いまいち質問の意味がわからないが、最も遠い場所を観ていると言うことは最大件過去を観ていると言うことですよ。135億光年先を見ていると言うことは135億年前の姿を見ていると言うこと。遠ければ遠いほど、まだ銀河すらできていないところを観ていることになる。ナイス0
###現在観測可能な、宇宙の半径は460億光年と言われており宇宙初期の状態が観測可能なのですが、光の速さに近い速度で遠ざかっているために、ドップラー効果で光の波長が赤方偏移し現在では、マイクロ波でしか観測できません。光学望遠鏡で観測できる、天体の上限が日本のすぱる望遠鏡の128億年で、それ以上は電波望遠鏡でないと観測できません。ナイス0
###宇宙全体に渡って銀河の群れが、同じように密集しているという事です。これは泡状になって広がってます。泡面の上に銀河が並んであるような状態で、泡面でないところは空間だけになっていて、その幅が普通で1億光年もあるという事です。それで果てになるとそこは銀河の群れも終わりの方なので、もう銀河も群れから外れになります。そのもっと奥は空間だけになっていると私は考えています。このように言えるのは、私は宇宙では空間は広がってなくて物質だけで広がって来た考えをしているからです。空間は永遠の果てなく広がっているだけという見方です。そして全ての方角で遠くの銀河ほど速く遠ざかっているのが見えているのですが、それがどの方角も同じように見えてます。という事は物質がここらに全て集まった瞬間があって、そして広がったからだと私は思って来ました。これは全ての物質が集まって来て圧縮度になって、行き場を失ったので反発で広がったのです。それでこの中から銀河が粒として出て来ました。それでは自然に泡状になって行きます。全体は圧縮になったのですが、外側はそれほどの圧縮を受けずに未だガス状態に近かった部分が多かったと思えるので、それから発生された光がマイクロ波で届いていて、宇宙背景放射と言われているものと思います。さて科学では宇宙が空間がなかったのが、突然現れて広がっているとしていて、その時は正しくアッというような瞬間です。60万年から2000万年位の間で、既に宇宙の果て138億光年まで広がったとしているからです。2000万年位は宇宙規模ではアッという間です。138億光年が宇宙初めの頃としていて、果てが138億光年と見ているのは、空間がアッという間に広がったのと比べて、光が遥か遅れてやって来た為です。私は空間が広がっている思考ではないので、これは物質全てがこの速さで最初ここらから広がった見方になります。こういう事で私が回答した宇宙観を載せてみます。銀河の群れが泡状になっている状態をビンの中の牛乳で現わしましたが、余りにも小さいのですが、宇宙規模の銀河の群れの重力の繋がりと、表面張力の繋がりで似たものとして見ました。科学では銀河の群れが泡状になっている状態を説明出来ないのですが、しか見えない物質ダークマターを5倍も多く入れると泡状になると言ってます。しかし私のでは自然に泡状になるので、ダークマターを必要としなくてもいい事になります。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141361438...さて科学では銀河が出来上がったのは周りの物質が集まった事が原因です。これですが、太陽が外の恒星と一緒に銀河の中心を軸として回っている即ち公転をしているのですが、果たしてこれで黙っていても公転出来ていられるでしょうか。物質が色々な方向から集まって来て銀河が出来る関係を考えると、来る力はベクトルという事では、どこかに一方方向に回す力が働くでしょうか?ピッチャーが球を投げる時に、指で球に意識的に回転を与える事で回転になります。銀河全体にこれを回すような意識でも働いたのでしょうか?いずれにしても全体、しかも上も下も右も左からも来る大量の物体の群れです。これでは全体が団子にでもなるようなものです。平らになる事さえ考えられないかもしれません。それから今や銀河の中心にブラックホールがあるというのが普通にされてます。これは超強力な重力の引付けです。そして銀河が回転をしていますが、これでは疑問が残ります。例えば台風などは回転が外に伝わって行くのには,周りに十分な雲の群れがあります。そして中心は寧ろ穴が空いてます。それが銀河の中心に超重力のブラックホールがあるのでは、可笑しいです。回転が外の方に伝わって行かないのではないかという事です。即ち全てがブラックホールの方に引かれて行くだけになりそうです。回転が外にまで同じような速さで伝わる為には、台風の例のように全体に重さが均等になるようになって、そして中心では穴になるように、この部分が軽くなる状態でなければなりません。それで中心にブラックホールがあっては困る状況です。それで私の思考の銀河は最初から熱の塊でした。全ての物質から分かれ出る時の摩擦で回転になっていたのです。ナイス0

 

TAG