借地にある家屋を40年前に購入し、先日亡く

Writer: admin Type: このテヒョンのiPhone Date: 2018-12-15 00:00
借地にある家屋を40年前に購入し、先日亡くなった父親の代わりに家屋を壊し、更地にして地主に借地を返す義務が、息子の私に義務があるのでしょうか?共感した0###今、あなたのような方と地主との訴訟が多いそうです。借地権の売買はできますが、場所・土地の大きさ、建物の状態、後は地主が好意的かで、価値が出たり全く無価値な場合も出ます。地主に引き取らせることができるとかもありますが・・・結局、グレーな部分が大きく。借りている側で家はいらない、土地も必要ない、大家は建物は壊して更地にしろと、噛み合わなくなると裁判になるケースが多い。地主としても。賃貸運用を考えていない場合、解体費用が必要な家をもらった所で迷惑なだけなんです。解体に約200万以上はかかりますから、土地代の収益の約10年分ぐらいですかね、地主とすれば利益が飛ぶ訳ですからアホらしいだけ。土地を売却するにも、建物解体の費用分は引かれるだけだし。だから、地主としても頑なに家はいらない、更地にしてくれ・・です。税金面で建物があると有利なので、残してほしいと思う地主もいます。地主側と、話し合いをするべきだと思います。問題となるのは。家はいらないからと放置みたいなことをしても、あなたの方で固定資産税の支払い請求が毎年で来て、地主は税の優遇を受けるだけですよ。そして地主は、土地代の未払いをあなたに請求・・・相続放棄の流れをするにも、キチンとした手順を踏まないと放置するだけではマズイのではと思いますけどね。投げやりには解決できないようにはなっていますよ。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###相続しないのなら義務はありませんちなみに家屋は相続しないが、現金は相続する等という都合のいいことはできません。プラスマイナスどちらも相続するか、プラスの範囲でマイナスを相続するかなどの方法があります家屋や借地権も財産ですから、家屋を建て替えてそこに住むということもできます相続し、住む予定がない場合は家屋を売るか、地主に買い取ってもらうか、それができなければ家屋を解体して土地を地主に返すということになりますナイス0
###借地専用の相談所を開いている者です。みなさん更地にして返すと思い込んでいらっしゃる方が多いようですね。旧借地法が適応される場合、更地にして返すという契約になっていたとしても、その契約内容は無効となり地主に返す必要はありません。http://shakuchi110.com/2018/09/06/sarachi/家はそのまま使用することもできますし、売却をすることも可能です。売却の場合の注意点は、今まで地主に対する背徳行為を(地代をきちんと払っていなかった、無断増改築をしていた等)していると売却ができない場合があります。売却以外にも、家をそのまま持っていて誰かに貸したり、自分で使用することも可能です。更地にする費用は約200万〜300万ほどかかってしまいます。そのようなお金を無駄に使う必要はありません。ただし稀に契約書が新借地法に切り替えられている場合があります。その際は地主に返さなければいけないことがあります。また、ご先祖が地主に対して度重なる背徳行為をしていたため、明渡しという例もありました。契約書や今までの借地の経過をみないと何とも申し上げられない部分もありますが、旧借地法で今までの借地の利用に問題がないようなら更地にする義務はないということです。ナイス0
###借地権は相続の対象。他の遺産も含め相続を放棄しなければ、親父さんの借地権は相続人が継承し、借地権者としての権利・義務も引き継ぐことになる。借りていた土地を返還するにあたり、更地にして返す必要があるのか、土地所有者が建物を買い取るのかは、個々の契約内容や当事者間の協議次第。よって、貴方に「更地にして返す義務」があるかどうかについても、親父さんが元々負っていた権利・義務を貴方がそのまま負うことになる。遺産分割協議において、貴方がその借地権の取得者ということになっていることが前提だけどな。ナイス0

 

TAG