サーモンは刺身や寿司ネタなのに、どうして鮭

Writer: admin Type: このテヒョンのiPhone Date: 2018-12-15 00:00
サーモンは刺身や寿司ネタなのに、どうして鮭は焼き物や煮物限定なんですか?ローカルじゃないチェーンのスーパーで出ている鮮魚コーナーでは、鮭は主に加熱用で生食用はサーモンとなっています。(勿論サーモンも加熱用で出されていますが、鮭という商品名で生食用が出ているのは見た事がないです。)サーモンと鮭の明確な違いはなんですか?呼び名だけが違うんでしょうか?呼び名だけの違いなら、国産の鮭の刺身がサーモンとして出ているのでしょうか?でもそれだと、わざわざサーモンと言わず鮭(生食用 刺身柵)とした方がいいですよね。同じマス科の淡水魚ですよね?同じ川から海へ出て産卵期に海から川へ戻る魚ですよね?寿司業界ではサーモンは赤身と呼ばれる理由を教えて下さい。世間一般的に赤身と聞くと、マグロ・カツオ・馬肉の赤身を想像しますよね。サーモンの身の色は色素沈着であって世間一般的に言う赤身じゃないと思うんですが。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###検索結果の斜め読みなので詳しくないですが鮭は天然物で、サーモンは養殖物です。天然物には寄生虫がいるため、刺身では食べられないため北海道など寒い地域でルイベとして食べる以外は、ほぼ加熱用です。日本でも鱒などは刺身で出します。海外からくる刺身用に養殖されたものがサーモンと呼ばれます。何故か鱒も鮭もサーモンと呼ぶので、日本では同じ魚だと思われるけどトラウトサーモンは大型の鱒の仲間で刺身用に養殖されたものらしいです。または、刺身用に加工されたものです。冷凍して寄生虫を殺してから切り身にする等。仰る通り赤身と言うのは、食品業界のみで海老などの色素が付いたものなので、生物学上?は白身魚なんですね。ナイス0
###ではなぜ赤身と呼ぶんでしょうか?正直、オレンジだから赤身じゃないですよね?その他は解決しました。
###答えを知っていての質問ですね。(笑)ナイス0

 

TAG